相続税対策の税理士はどのように選ぶべきなのか

税理士選び

遺産相続のときに支払い義務が発生する相続税ですが、税理士の力量によって、どれだけ節税できるのかが決まってしまうと言っても過言ではありません。そのため、どのようにして税理士を選ぶのかを知っていないと、いざというときに困ってしまいます。そこでよい税理士の選び方を簡単に紹介させていただきます。まずは当然のことなのですが、遺産相続や相続税に関して十分な知識と経験、実績があることです。また、安心して任せられるような信頼性の高い税理士であることも重要です。

これは常識なので、まずは情報収集を行い、口コミや評判などを見て確かめてみましょう。

相続税対策税理士のポータルサイトから地元の税理士を探すのが一般的です。

次にきちんとこちらの相談に乗ってくれること、依頼者が有利になるような相続税の支払い方を教えて実践してくれる人というのも重要です。さらに接客態度がしっかりとしている、報酬も良心的というのが重要ですが、報酬に関しては、必ずしも安ければよいというわけではありません。あくまで平均的な報酬であれば問題はないでしょう。

このような点に関しては、実際に税理士と話してみないとわからない点がたくさんあるので、まずはできる限り情報収集を行い、候補を絞れたらメールや電話で問い合わせをしてみましょう。問い合わせをしたときの返答で、ある程度善し悪しを見分けることができます。素早く返答してくれて、素人にもわかりやすい内容であれば問題ないでしょう。逆に専門用語を頻繁に使う、連絡が遅いのにお詫びの言葉もないような税理士は避けた方がよい場合もあります。

それから実際に税理士と会って、問題なさそうであれば遺産相続の相談や相続税の相談を行いましょう。もし友人や知人に遺産相続を経験した人がいれば、その人によい税理士を紹介してもらうという方法も有効的です。遺産相続の場合には、税理士選びで結果が大きく変わってくるので、むやみに選んではいけません。できれば遺産相続や生前贈与を行う前からある程度情報収集をしておくと、後で慌てなくて済むでしょう。