相続税が払えない場合の対処法

最近は不景気な時代が長続きしている上に、次から次へと増税をされてしまい、生活が苦しい国民の数が激増しています。しかも相続税まで増税されてしまい、今までであれば支払いの義務がなかった人であっても、支払い義務が発生してしまう場合も多々あります。そのため、中には相続税の支払いが厳しいという人もたくさんいるでしょう。

しかし、税金は情け容赦なく徴収されるので、たとえ自己破産したとしても帳消しにはなりません。では、相続税の支払いが難しい場合には、どのように対策をすればよいのでしょうか。

1つ目は分納するという方法を選択する、

2つ目は物納と言って、不動産などで直接納める方法、

3つ目は不動産売却です。

相続税を支払えない人の多くは、不動産物件を持っていることが多いので、このような選択をすれば支払えるようになるケースが多くなっています。詳しいことは税理士に相談し、どのような方法が自分にとってベストなのかをじっくりと話し合ってみてはいかがでしょうか。