厄介な名義変更手続き

税理士に丸投げ

相続時の名義変更

遺産相続が発生した場合には、相続税を支払わなければいけなくなるので、税理士に依頼して申告書の作成などを手助けしてもらうことになります。しかし、遺産が少ない場合には、相続税が免除になるケースもあるのですが、それでも遺産相続が発生したら、税理士に依頼する必要があるのです。なぜなら名義変更をしなければいけなくなるからです。特に不動産を持っている人や会社を経営している人、口座を持っている人や株を行っている人が対象になります。

会社の経営者や株、証券などを所持している人はそれほど多くはありませんが、不動産を持っている人は比較的たくさんいますし、口座は大半の人が持っていると言っても過言ではありません。いくら親子だとは言っても、勝手に名義変更をすることはできません。しかも不動産などは自分たちが所持しているとは言っても、税金を取られているのですから国が管理しているも同然でしょう。だからこそ名義変更が必要になるのですが、手続きの方法が厄介なのです。

名義変更は税理士に任せる

今まで1度も名義変更を行ったことがないという人が大半を占めているので、このような面倒な手続きも税理士に依頼しておけば、後は税理士に任せておけば安心できるでしょう。ここで疑問が1つ生じるでしょうが、税理士がそこまで行えるのかという点です。税理士というのは基本的に税金に関する業務が一般的なので、相続税の支払いを依頼せず、名義変更の依頼だけ行うことができるのでしょうか

実は名義変更の種類によっては、司法書士や行政書士の担当になることもあるので、税理士だけで全て行うことは難しいと言えます。しかし、税務だけでは税理士の生活が厳しい場合もあるので、このような専門家は他の専門家とも連携していることが多いのです。よって税理士の中にも、司法書士や行政書士と連携していることも多いので、このように多くの専門家と連携している税理士事務所に依頼すれば、相続税の支払いから名義変更まで一括して行ってくれることも珍しくはありません。