マイケルジャクソンの遺産相続について

マイケルジャクソンといえば世界的大スターです。彼の遺産は1450億円にも及ぶと言われていますが、マイケルジャクソンの子ども達がこの莫大の遺産のほとんどを失う可能性があると言われています。マイケルジャクソンには19歳、17歳、14歳の3人の子どもがおり、3人の子ども達が30歳になった時に巨額の遺産を相続する予定になっています。税務当局ではマイケルの遺産から895億円の支払いを求めていると言われており、マイケルは484億円以上の負債を抱えていました。マイケルの子どもたちは億万長者でありながら、巨額の税金を片づけなければなりませんので、彼らが30歳になった時に受け取ることができる遺産はほとんどないかもしれないという現状になっています。支払がおくれると、罰金が科せられることもあるそうです。いくらたくさんの遺産があったとしても相続税を莫大に払わなければいけませんし、負債がある場合には負の財産も相続人が相続しなければいけないのです。