相続税計算シートを使ってみる

相続税がどれぐらいになるのか、事前にある程度知っておきたいという人もいるでしょう。税理士に任せてあるので、それほど気にならないという人であればよいのですが、税理士に依頼していても、やはり実際に遺産相続をする場合、どれぐらい取られてしまうのか気になる人が多いのです。

そんなときには相続税計算シートを用いるとよいでしょう。相続税計算シートというのは、相続税がどれぐらいになるのかをある程度知るために、実際に計算ができるソフトのことを言います。主に税理士が公式ホームページで公開しているので、使ってみたい人は検索してからダウンロードしてみましょう。

もちろん相続税計算シートの通りになることもあれば、誤差が出てしまうこともあるので、あくまで自己責任で使用することになります。この相続税計算シートよりも税理士が安く見積もってくれれば、きちんと節税対策ができる税理士である可能性が高いのですが、逆に高くなってしまう場合には、あまり知識がないか、きちんと節税対策ができていない可能性もあります。