不動産分配で揉めたら弁護士相談

遺言

不動産争い

私が住む埼玉県吉川市は、発展している埼玉県南部の中でも、まだ農地が比較的多く残っている地域です。農地というのは住宅と同じく不動産なので、遺産相続をするときに、分配するのが難しいと言えるでしょう。お金であれば平等に分配することが可能ですが、不動産は平等に分配するのが難しくなっています。そのため、不動産を多く所持している人の場合には、遺産相続のときに争いが発生しやすくなるのです。もし不動産分配でもめているという場合には、弁護士事務所まで相談したほうがよいでしょう。

もしものために遺言書

遺産の争いが発生する確率を下げるためには、やはり遺言書をしっかりと残しておくことが大切なので、法律事務所でも遺言書が残っているかを最初にお聞きしております。中には遺言書を書きたいけれど、どのように書くのかわからない、書いた後どうすればよいのかわからないという相談も受け付けております。ただし、遺言書には必ず従わなければいけないという決まりがないのですが、無いよりはあった方が遥かに争いが避けられるのは間違いありません。

できれば被相続人が亡くなる前に、家族でどのように遺産を分配するか話し合いをしておくともっと効果的なので、法律事務所では、遺言書の相談をして来られた時に、家族で話し合いをした方がよいとおすすめしているようです。どうしても不動産を分配しようとすると、不公平に分配するしかなくなってしまうので、不動産をあらかじめ売却しておき、平等に遺産を分配する方もおられます。