遺産が少ない家ほどもめるケース

相続争い

遺産が多いと揉めるわけではない

遺産相続のときに争いが勃発する家庭もあるのですが、統計を見てみると、ある程度遺産が多く残されている家ほど遺産相続でもめる可能性が低くなっています

。逆に遺産が少ない家ほどもめるケースが多くなっています。なぜなら誰であっても家族で争いなど起こしたくはありません。しかし、お金に余裕がない場合には、生活がかかっているので必死になって遺産を手に入れようとする傾向にあります。それに対して遺産額が大きい場合には、裕福な家庭の人が多くなっています。

裕福な家は対策ができている

裕福な家庭は遺産が少なくても特に困ることはないので、相手に譲ってできる限り争いが起こらないようにしているのです。また、遺産相続が起こる原因として、お金ではなく不動産や物などを分配するときにも発生しやすくなっています。お金であれば公平に分けることが可能ですが、不動産や物である場合、公平に分けるのが難しくなっているからです。実際私も、このように遺産が公平に分けられず、どうすればよいかという相談を受けたことがあります。

このような場合に税理士事務所では、まず遺産を1度現金に換えてしまい、それから公平に分けるようにおすすめすることがよくあります。もちろん毎回このような方法が取れるわけではないので、状況に応じて適切な方法を提案させて頂いております。中には遺産分配のときに争いが起こりそうと感じている人もおられるでしょう。そのような場合でも、税理士法律事務所では相談してみてください。

税理士は、様々な相続をしっているので穏便にまとめるということを心得ております

。何がポイントで、不公平感をあたえずに相続していけばよいのか?肝心なポイントをおさえて、相続をまとめていくのです。

素人が自己主張を続けても意味がありません。法律のっとって、正しく分けるのが一番のポイントなのです。