遺産相続に関する本もたくさん出ている

遺産相続に関しては、弁護士や税理士に相談するのが一般的なのですが、特に争いがなければ、税理利に依頼することで全て行うことが可能になっています。しかし、実際に遺産相続を行う前に、ある程度自分でも知識を付けておきたいと考える人もいるでしょう。そのような場合には自分で勉強する必要があるのですが、近年では簡単にインターネットを利用できるので、インターネットで検索して勉強する方法も可能です。

ただし、インターネットの情報は古くなっている可能性も高いですし、必ずしも正しい情報が載っているとは限りません。そのため、本格的に遺産相続の勉強を行いたいのであれば、本を利用する方法がおすすめです。もちろん本でも古い物では相続税の税率が変わっている場合があるので注意しないといけませんが、基本的に正しい情報が記載されていますし、遺産相続の流れなどは昔と全く変わっていないので、多少古くても本であれば勉強することは十分可能です。

当然新しいにこしたことはありませんが、中には税理士が書いている本も存在しているので、このような本であれば相続税や贈与税に関する内容を勉強することもできるでしょう。遺産相続は税金の支払いがかなり重要になるので、最新の本を購入して勉強するのが最もよいと言えます。遺産相続のときに、できる限り家族同士で争うことがないように配慮するにはどうするべきかという内容もあります。1冊だけで勉強するよりも、2冊か3冊購入して勉強するとよいでしょう。

あまりたくさん買い過ぎても意味がないので、遺産相続でも多少異なっている種類の本を2冊から3冊購入するのが効率的です。例えば相続税や贈与税に関する本を1冊、遺産相続の流れについて解説している本を1冊、遺言書などの対策について書かれている本を1冊という感じで購入するとよいでしょう。できれば中古ではなく、出版されてあまり年月の経っていない本がおすすめです。どのような本がおすすめなのかは、インターネットで検索してみましょう。

相続税にもマイナンバーが必要

平成27年に導入され、平成28年から本格的に使用されるマイナンバーですが、実は遺産相続や相続税の申告などにもマイナンバーが必要になります。マイナンバーというのは個人情報が一括で管理されるので、手続きなどを行うときには簡単になるというメリットがある反面、個人情報が流出すれば被害が甚大になります。

そのため、年金情報もきちんと管理できず、責任も取らない政府に不信感を抱き、現在でもマイナンバー制度に反対している人もたくさんいます。しかも遺産相続を行う場合、被相続人のマイナンバーも必要になるので、より個人情報流出の危険性も高まり、システムもわかりにくくなっているのです。

もちろん相続税の申告にもマイナンバーが記載された書類が必要になるのですが、法人が財産を相続する場合には、マイナンバーが記載された書類が必要ないという差別的なシステムもあります。おそらく大半の人はよくわからないと思うので、税理士に相談するようになるでしょう。また、税理士もより信頼できる人を選ばないといけません。